愛犬がいなくなる。。。庭から走り出す、家から飛び出す、散歩中に逃走する。
自分のうちの子に限ってそんなことはないと思われるでしょう。
でも、夏は迷子が多くなります。
雷、花火、台風、嵐など、音や風にビックリしたり、発情中のメスを追いかけてしまったりが原因で、首輪をすり抜け、飛び出していってしまうことがあります。 そんな時、お役に立てれば幸いです。

いなくなった後、どれだけ迅速に動けるかが、発見の確率を大きく左右します。
次の日会社であっても、お休みするくらいの覚悟で探してください。
人の迷惑を考えず、なるべく大勢の友達、近所の方に協力を求めてください。
あなたの愛犬の命がかかっているのですから。。。

方向がわかりますか?

走り出す瞬間を見ていましたか?
走り始めた方向がわかりますか?
しばらく追いかけましたか?
探し始めの方向は、とても重要です。

戻る


連絡をしましょう

まず、保健所、動物管理センター、交番、動物病院へ連絡しましょう。
中型犬以上は、1日5km以上移動する場合もあるので、隣の区や市などへも連絡をしておきます。

【保健所、動物管理センター】

保健所やセンターは、保護したり見かけた人が通報したり、捕獲されている場合があります。事故でも持ち込まれる場合がありますので、写真つきの手紙か作成したポスターを送ります。また、電話に出た人の名前を必ず聞き、自分の言ったことを繰り返させてください。対応は、かなりいい加減なセンターが多く、記録を正確に取らないために、出会えない、間に合わないというケースもあります。電話は2,3日ごとにかけてください。何を言われても強気で!こちらが必死という姿勢をわかってもらってください。

動物保護センター
 

【交番】

交番へは、ポスターを持参します。受け持ち範囲を確認し、隣接する区域の交番へもポスターを持参します。親切な交番では、隣接する区域に連絡してくれる所もあります。逆に「犬のこと言われても困るんだよね」という対応の方もいます。変なことを言われたら、名前を確認し、「愛玩動物が迷子になった時には、それが警察全体の見解だと理解してもよろしいですね」と冷静に言って下さい。猫活動の方に教わったやり方ですが、かなり効果があります。

【動物病院】

主治医はもちろん、電話帳で動物病院を調べて、連絡を入れます。後日ポスターを貼らせてもらえるようにもお願いしておきます。

戻る

ポスターを作りましょう

連絡が済んだらポスターを作りましょう。

【タイトル】
「探してます」「迷い犬」「○○ちゃんを探して!」などわかりやすく大きい文字で。

【写真】
できるだけ大きいものを。紙の2/3を閉めてもかまいません。

【文字】
パソコンがない方は、手書きにして、写真を貼る位置をあけておく。写真はコンビニのカラーコピーで引き伸ばします。貼るポスターは、下がちぎれるようになってい
ると便利。

【連絡先】
イタズラ電話も多いので仮名にします。その名前宛てにかかってきた方は、犬の情報だとすぐわかります。電話番号は携帯かPHSが無難。

【特徴】
名前、年齢、体重、毛色、不妊の有無、首輪の有無、いなくなった日時や場所、性格などを記入します。

【枚数】
多ければ多いほどいいです。目安はまずは500枚〜1000枚。

【紙の大きさ】
B5またはA4。一人で貼ったり配ったりするなら、B5の方が扱いやすいです。強風の日は、A4だとかなり大変です。


 戻る

貼る場所・配る場所

次はポスター貼り、配りです。もし、仲間がたくさんいるならば、ありったけの知り合いを動員してください。ポスターを貼る場所や配る枚数は、多ければ多いほど良いのです。

【電柱】

電柱に貼るのは禁じられています。でも、迷い犬の場合は多めに見てくれる場合もあります。地図を買い、必ず貼った場所はあとではがせるように印をつけましょう。目線よりも少し下あたりに、ガムテープを1cm幅に切ったものを、コーナーに斜めに貼ります。はがれないように、爪でグリグリと押し付けてください。雨の場合を考えて、ビニールにポスターを入れることも試しましたが、かえって汚くなるので、そのままの方がいいようです。目安は1ブロックに2枚、300m〜500mおきに貼ります。
貼った場所が網の目になるように、半径5km〜10kmに貼ります。人手(5人以上)、車、地図、ガムテープ、ポスター500枚〜1000枚以上必要です。

【公園】

お散歩で犬が入れる公園、川沿いの通りなどもポスターを貼ります。また、その地域のお散歩チームを探してください。広場、公園などには、犬種などで集まる人たちが必ずいます。普段見慣れない犬がいた場合、連絡してもらえるようにお願いします。
小型犬は早い時間、中型〜大型犬は夜遅い時間にお散歩の場合が多いです。

【公共の場所】

銀行、スーパーマーケット、郵便局、交番、お風呂屋さんなど、お願いするとポスターを貼らせてもらえる場所がたくさんあります。

【動物病院】

主治医はもちろん、広い範囲の動物病院へお願いしてください。
50km先の動物病院でも、中型犬なら7日〜10日で移動してしまいます。

【ポスティング】

近所の家、駅から家路へ向かう人、大きな交差点を渡る人など、多くの方へポスティングや手渡しをします。ここで、渡すポスターは、白黒でかまいません。犬マークのある家は必ずポスティング、犬を連れた方には、必ず渡してください。(お散歩時間をねらうこと)
近所に散歩友達はいらっしゃいますか?小型犬、中型犬、大型犬など犬種によっても、散歩の時間が違います。色々な時間帯に出向いて、ポスターを手渡してください。

戻る

その他の捜索方法

【地方紙掲載】

サンケイリビング、情報誌ぱどなどの情報誌に迷子の掲載をします。早いものは翌週発行に間に合うものもあります。1地域で50000部弱。発行地域も選べるので、手早くたくさんの方からの情報を期待できます。ただし、文字情報のみ。

【新聞折込】

住んでいる地域の新聞屋さんにポスターを持ち込み、折込を依頼します。

【インターネット】

迷子情報を掲載してくれるHPへ依頼します。
http://www.wan.ne.jp/maigo/maigo.htm

【ペット探偵】

ペット専門の会社を始め、便利屋さんでも引き受けるところがあります。以下は信頼できそうな2社です。それぞれ、電話をしてから、選ばれた方が良いと思います。


〈アイペット探偵局〉
電話:03−3223−3872 
料金:3日捜索で¥75,000
ビラ1000枚、ポスター100枚。テレビに良く出る白澤さんが代表。
実績もあるそうですが、7割〜8割でしょう。
 

〈ペットレスキュー〉

電話:03−5438−7241 
料金:3日で¥70,000
依頼経験あり。ビラ1000枚、ポスター100枚というのは、アイペットと同じですが、
ビラ1000枚は作成していないようです。
カラーコピーが1枚50円ですから、1000枚作成すると、それでもう50,000円。
営業的には採算が合うはずありません。アイペットから独立した藤原さんが主宰。
営業的なトークではありませんが、本当に動物が好きで、親身になってくれます。

戻る

連絡を待つ

できる限りのことをしたら、連絡を待ちます。走っていった方向がわからなければ、逃走場所を中心に360度の方向を探さなくてはなりません。連絡があったら、相手の名前と電話番号、見かけた日、時間、場所、犬の特徴(毛色、様子、首輪の有無)を聞きます。連絡があった地域からの連絡がおおければ、方向を絞って、再度、ポスターを貼ります。

戻る

個体差による脱走

子供の頃から飼っている場合、地理感があれば戻ってくる可能性大です。
ただ、オスで去勢していない場合、メスの匂いを追いかけて、気がついたらどこだかわからなくなってしまうという場合もあります。
メスはパニックが落ち着いた後、どこかの家で要領よくご飯をもらっている可能性もありますので、オスよりも行動範囲が少ないでしょう。また、老犬の場合は、一直線に移動するため、思ったよりも遠くへ行ってしまう場合があります。体力の低下も著しいので、なるべく早く発見してあげたいものです。
中型犬は1日の移動距離は5km〜10kmです。ただし、個体差があり、コーギーミックスの時には、最初の2日でガーッと20kmくらい進み、あとは小学校内で落ち着いていましたし、放浪歴が長かったラブラドールミックスの場合は、埼玉で脱走し、第一発見場所が築地、その後また脱走して多摩川で発見されました。柴犬の場合も、埼玉で脱走し、発見場所は中野でした。また、柴犬や紀州犬などは、脱走することが多く、人懐っこく寄ってこないので、発見が遅れます。



ご協力を頂いています
[まい そうるめいと]
[里親関係写真]


わんのホームページは犬だけをテーマにしたコミュニケーションサイトです。
みなさんの町の犬情報お待ちしています

連絡先:info@wan.ne.jp

わんのホームページはリンクフリーです。
宜しかったら下記のバナーをご利用ください。

http://www.wan.ne.jp